Tokyo Bayside Classic Cup Series開催《撮影 内田俊一》

7月7日、袖ヶ浦フォレストレースウエイにおいて、ヒストリックカーによる、レース形式の走行会、Tokyo Bayside Classic Cup Series Tokyoが開催された。主催はTokyo Bayside Classic Cup 事務局。

1972年までに生産、あるいは、その後も継続生産された車両であれば、輸入、国産問わず参加できることから、ミニを中心に、フォード『エスコート』や『ロータスコルチナ』といった60年代にサーキットで活躍したヨーロッパ車をはじめ、『スカイライン』や『フェアレディSR311』といった日本車など、2カテゴリー合計40台以上のヒストリックカーがサーキットを駆け巡った。

イベントの趣旨について主催者の一人は、「無邪気に遊べるレースを作りたいと思ったのがきっかけ」と述べる。近年のヒストリックカーレースは敷居が高く、気軽に参加しにくい状況や、競技そのものが過激になる場合が多く見受けられるという。そこで、もっと気軽な“クラブマンレース”の入り口のようなイベントを目指したのだ。

その結果、大幅な改造を施した参加車は少なく、多くの参加車はナンバーが付いており、積載車を使わず自走で参加していた。

もうひとつ大きな特徴は、レース終了後、クラブハウス内で、表彰式と同時に参加者全員で食事をすることだ。これは、参加者同士のつながりを強くし、笑顔を増やすことが目的だ。「レースでは真剣に競ってください。そのあとは皆で仲良くニコニコとしてもらいたいのです」と語った。

Tokyo Bayside Classic Cup Series開催《撮影 内田俊一》 Tokyo Bayside Classic Cup Series開催《撮影 内田俊一》 Tokyo Bayside Classic Cup Series開催《撮影 内田俊一》 Tokyo Bayside Classic Cup Series開催《撮影 内田俊一》 Tokyo Bayside Classic Cup Series開催《撮影 内田俊一》 Tokyo Bayside Classic Cup Series開催《撮影 内田俊一》 Tokyo Bayside Classic Cup Series開催《撮影 内田俊一》 Tokyo Bayside Classic Cup Series開催《撮影 内田俊一》 Tokyo Bayside Classic Cup Series開催《撮影 内田俊一》 Tokyo Bayside Classic Cup Series開催《撮影 内田俊一》 Tokyo Bayside Classic Cup Series開催《撮影 内田千鶴子》