京都機械工具 漆塗りラチェットレンチ(オートサービスショー13)《撮影 太宰吉崇》

京都機械工具は、主力製品であるラチェットレンチの把手部分を漆塗りした7品を参考出品した。いずれも漆職人が1本1本手作業で仕上げており、中には高蒔絵や螺鈿の細工を施したものまである。

京都機械工具マーケティング本部の四関繁樹氏は「5年前に把手を木製にしたもの、その2年後にアルミ製のものを作成した。木製ができるのであれば、本社が京都にある会社なので漆塗りでできないかということで2012年2月に造った。漆塗りしたラチェットレンチは、これまで本社ショールームに展示していたが、外部のショーに出展するのは今回が初めて」と話す。

また四関氏は「木柄、アルミ柄のものは、いずれも数量限定で販売し、コレクターやマニアだけでなく、実際にラチェットレンチとして使われる方も多い」とした上で、漆塗りしたラチェットレンチについては「今のところ発売時期は未定だが、準備はしている」という。

気になる価格は「木柄、アルミ柄ともに1万円台だったが、漆塗りのものは20万〜50万円くらいにはなりそう」としている。

京都機械工具 (オートサービスショー13)《撮影 太宰吉崇》 京都機械工具 (オートサービスショー13)《撮影 太宰吉崇》 京都機械工具 漆塗りラチェットレンチ(オートサービスショー13)《撮影 小松哲也》 京都機械工具 漆塗りラチェットレンチ(オートサービスショー13)《撮影 小松哲也》 京都機械工具 漆塗りラチェットレンチ(オートサービスショー13)《撮影 小松哲也》 京都機械工具ブース《撮影 小松哲也》 木柄のラチェットレンチ《撮影 小松哲也》 アルミ柄のラチェットレンチ《撮影 小松哲也》 京都機械工具 漆塗りラチェットレンチ(オートサービスショー13)《撮影 太宰吉崇》 京都機械工具 漆塗りラチェットレンチ(オートサービスショー13)《撮影 太宰吉崇》 京都機械工具 漆塗りラチェットレンチ(オートサービスショー13)《撮影 太宰吉崇》