ファン投票実施中のレッドブルレーシングの公式Facebook

6月末、今シーズン限りでF1を引退すると発表したレッドブルのマーク・ウェバー選手。その後継ドライバーが誰になるかに注目が集まる中、レッドブルレーシングがユニークな試みを実施している。

これは7月4日、レッドブルレーシングが公式Facebookページで開始したもの。2014年、セバスチャン・ベッテル選手とともにレッドブルF1のシートに収まる選手は、誰が相応しいか、3名の選手の名前を挙げてファンに投票を呼びかけている。

その3名の選手とは、キミ・ライコネン選手、ダニエル・リチャルド選手、ジャン・エリック・ベルニュ選手。この3名は、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表が、マーク・ウェバー選手の後継として絞り込んだドライバー達。

なお、ファン投票の最新結果では、キミ・ライコネン選手が1位。2位がダニエル・リチャルド選手、3位がジャン・エリック・ベルニュ選手となっている。