歴代 シボレー コルベット(デトロイトモーターショー13)《撮影 宮崎壮人》

本年1月に北米モーターショーでデビューした、7世代目となるシボレー『コルベット』のプレオーダーキャンペーンが7月6日から8月25日の期間限定で開始される。

日本導入となるのはコルベットクーペとコルベットクーペZ51の2グレードで、同社セールスデビュティ・ディレクターの松本茂良氏は、「アグレッシブで洗練され、パッションを感じさせるデザインと、最先端のテクノロジーを用い、操舵性、走行性能を誇るようなものとして開発されています」と述べる。エンジンは、新開発の6.2リッターV8エンジンで、クーペは460ps/624Nm、Z51は466ps/630Nmを発揮する。

プレオーダーキャンペーンの背景について松本氏は、「いつ乗れるのか、どんなクルマが来るのか、どうしたら買えるのかという問い合わせや、誰よりも一番早く乗りたいといった熱狂的な要望もあることから、この期間でプレオーダーをいただき、日本仕様の第1ロット生産車の中から、プレオーダーユーザーにお届けすることにしました」という。

松本氏はキャンペーンにはもうひとつ大きな特典があると話す。「米国本国で選べる全ての外板色やインテリアを、プレオーダーでは自由に選択出来ます。また、オートマチックと、新機構であるアクティブレブマッチング機能が備わった新開発の7速マニュアルも選べます」と述べ、その他ルーフカラーやシート形状、ホイールなど、全体で56,448通りの組み合わせが可能だとした。

価格については、「米国本社と調整中です。日本導入は来年の上半期の予定ですので、本年末をめどに価格発表できるよう進めています」の話し、同社コミュニケーションズ/R&Dサイエンスオフィスディレクターのジョージ・ハンセン氏は、「(6代目)コルベットはヨーロッパ競合各社よりも魅力的な価格設定が出来ており、この状況は継続したいと考えていますので期待して欲しい」と語った。

シボレー コルベット スティングレイ《撮影 宮崎壮人》 シボレー コルベット スティングレイ《撮影 宮崎壮人》 シボレー コルベット スティングレイ《撮影 宮崎壮人》 シボレー コルベット スティングレイ《撮影 宮崎壮人》 シボレー コルベット スティングレイ《撮影 宮崎壮人》 シボレー コルベット スティングレイ《撮影 宮崎壮人》 シボレー コルベット スティングレイ《撮影 宮崎壮人》 シボレー コルベット スティングレイ《撮影 宮崎壮人》 シボレー コルベット スティングレイ《撮影 宮崎壮人》 第1世代コルベット(C1)1953年から1962年まで生産《撮影 宮崎壮人》 歴代 シボレー コルベット(デトロイトモーターショー13)《撮影 宮崎壮人》