マルチスズキ・エルティガ(参考画像)

スズキは7月5日、6月にインド北部ウッタラカンド州で発生した洪水の被災地に対する支援として、日本赤十字社を通じ500万円の義援金を寄付すると発表した。

また、インドの四輪子会社マルチ・スズキ・インディア社は、同社従業員と同社からの義援金あわせて1560万ルピー(約2500万円、オムニ救急車5台の寄付を含む)の寄付を行うことを決定した。