シボレー・エクイノックスがベースの燃料電池車

パテント・リザルトは、米国での燃料電池分野について参入企業の競争力に関する調査結果を発表した。

今回の調査は、2011年7月に実施した調査に続くもので、1980年から2013年5月末までに米国特許商標庁で公開された燃料電池関連の特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」で評価し、特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」を集計した。

集計の結果、1位はゼネラルモーターズ(GM)で「燃料電池システムの耐腐食性を向上させるとともに効率的に動作させるための技術」など、注目度の高い特許を持つ。

2位のトヨタ自動車は2000年代前半から2008年ごろにかけて出願件数を大きく伸ばした。注目度の高い特許には「燃料電池用燃料補給システム」などがある。

3位はGMと燃料電池車開発で提携を発表したホンダで、2000年代前半から米国で積極的に出願、「燃料電池からの水素漏れを防ぐための技術」など、注目度の高い技術を持つ。

4位はパナソニック。前回に続き、日本企業が上位5社中、3社ランクインした。5位にはサムスンSDIがランクインし、アジアの企業が燃料電池分野で米国へ積極的に出願している。