ヤマハ発動機の「VIKING」と柳弘之社長《撮影 池原照雄》

ヤマハ発動機は7月3日に都内で開いた「事業説明会」で、近く米国で生産・販売する「ROV」(レクレーショナル・オフハイウェイ・ビークル)と呼ぶ4輪駆動の新カテゴリー車『VIKING』を公開した。

いわゆるバギー車に円形ステアリングを採用した「サイドバイサイド」というジャンルで、横1列に3人がスぺレートシートに乗車できるようにした。エンジン排気量は686ccで、最大270kgの荷物を積むことができる。2駆、4駆やデフロック(前輪)が選択でき、悪路走行にも強い。

ヤマハは今月から米国のアトランタ工場で生産に着手する。今後、毎年1機種ずつ新モデルを加える計画という。米国のほかロシアを含む欧州や豪州などにも順次、投入する。

開発責任者であるRV事業部長の沢井誠二参与は「農業やレジャーなど幅広い用途のほか、運転そのものを楽しむ使われ方を想定している。3年後にはグローバルで年5万台に育成したい」と述べた。2人乗りが主体だった従来の類似モデルは年8000台規模であり、6倍強に増やす計画だ。

ヤマハ発動機、3人乗りROV「VIKING」を北米市場に投入 ヤマハ発動機、3人乗りROV「VIKING」を北米市場に投入