1日午前0時30分ごろ、兵庫県尼崎市内の国道2号を走行していた軽トラックが路外に逸脱。道路左側の電柱に衝突する事故が起きた。軽トラックは運転席部分のほか、荷台部分にも5人が乗車しており、助手席の同乗者が死亡。運転者を含む6人が重軽傷を負っている。

兵庫県警・尼崎南署によると、現場は尼崎市稲葉荘1丁目付近で片側2車線の直線区間。軽トラックには運転席部分に2人、座席の無い荷台部分に5人が乗車していたが、何らかの原因で路外に逸脱。そのまま道路左側の電柱に衝突し、その弾みで横転した。

この事故で助手席に同乗していた35歳の男性が頭部強打でまもなく死亡。運転していた大阪府大阪市内に在住する25歳の男性と、荷台部分に乗車していた18-25歳の男性5人が骨折や打撲の重軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。

死傷した7人は西宮市内にある居酒屋に勤務しており、閉店後に全員で食事に向かう途中だった。警察では定員外乗車が原因で車線変更した際ににバランスを崩した可能性が高いとみて、運転者の回復を待ち、自動車運転過失致死傷や道路交通法違反(定員外・設備外乗車)容疑で事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。