メルセデスベンツ・A 45 AMG 4MATIC Edition 1《撮影 内田俊一》

メルセデス・ベンツ日本は『Aクラス』のハイパフォーマンスモデル『A 45 AMG 4MATIC』の発売を開始した。

A 45 AMG 4MATICに搭載される2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンは、最高出力360ps、最大トルクは450Nmを発揮。リッターあたりの最高出力181psと世界でもっともパワフルな量産4気筒ターボエンジンのひとつで、「このハイパフォーマンスをコンパクトボディで実現したのが一番のウリです」と話すのは、同社企画・マーケティング部商品企画3課の中山怜さん。

“45”という数字の意味について、中山さんは2つの由来があるとする。ひとつは、「これまでつくられなかったコンパクトモデルにもAMGを展開しようという、AMG全体の戦略の変化と、1967年に創立され、昨年で45周年であることを記念して45という名称が付けられました」という。

もうひとつは出力の表現だ。「『A180』は1.6リッター、『A250』は2リッターエンジンですが、出力に合わせて(排気量相当の数字の下一桁を取って)180、250という呼び方をしています。同様に、トルクが450Nmですので、AMGは下一桁を取って『63AMG』や『65AMG』と呼ぶことから、『45AMG』となりました」と語った。

メルセデスベンツ・A 45 AMG 4MATIC Edition 1《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ A 45 AMG 4MATIC《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ A 45 AMG 4MATIC《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ A 45 AMG 4MATIC《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ A 45 AMG 4MATIC《撮影 内田俊一》