Toyota Motor Manufacturing Turkey(TMMT)

トヨタ自動車のトルコにおける生産拠点であるToyota Motor Manufacturing Turkey(TMMT)は7月1日、同社サカリヤ工場にて、新型『カローラ』のラインオフ式を実施した。

式典には、トルコのザフェル・チャーラヤン経済大臣、ニハット・エルギュン科学産業技術大臣らを来賓に迎え、トヨタの内山田竹志会長、Toyota Motor Europe NV/SAの沼毅執行副社長、TMMTのオルハン・オゼール社長らが出席した。

式典で内山田会長は、「より洗練され高級感あふれるデザインとなった新型カローラは、トヨタが進める『もっといいクルマづくり』への新しいシンボルである。欧州カローラの母国となるサカリヤから、トルコの皆様とともに、カローラの新たな歴史を作って行きましょう」と語った。

今回、ラインオフした新型カローラは、上質なデザインに加え、快適性を追求した広い室内や、優れた走行性・安全性能を兼ね備えている。欧州諸国のほか、北アフリカ・中東・中央アジアなどに輸出され、バーソを併せると、TMMTの輸出先は計50以上の国・地域に拡大することになる。

今回の新型カローラ立ち上げに伴い、TMMTでは約1億5000万ユーロ(約195億円)の新規投資と、約900名の期間従業員の新規採用を行った。なお、TMMTは、1994年から2006年まで、カローラの生産を行っていた。