モーター走行にウェイトを置いてスムーズな走りを実現したアコード ハイブリッド

今から注文すると納車は11月! 月間販売計画を1000台とした『アコード ハイブリッド』は、発売後2日間で3600台もの受注を獲得する好調な滑り出しを見せた。当然、値引きはかなり厳しいかと思いきや、ディーラーを訪れてみれば意外な回答が返ってきた。

アコードのラインナップは、衝突軽減ブレーキ(CMBS)やレーンキープアシスト、オートクルーズ コントロールなどの先進装備を搭載した上位グレードの「EX」と、それらを非搭載としたベーシックな「LX」の2グレード。車両代の価格差は25万円となるが、訪れた千葉県内のディーラーによれば「オーダー状況は半々」とのこと。諸費用を含めると400万円を超えるかどうかの違いがあるわけだが、安全や便利さを強く意識すれば「EX」になり、400万円を超えてもそれほど負担に感じないユーザーも少なくないという。

さて、価格交渉には当面のライバルである『カムリ ハイブリッド』を持ち出した。こちらは発売後1年半が経ち、すでに値引きはかなり緩んでいる状態。話を始めるとすぐに「25万円〜30万円ぐらいの値引きは出せます」と来た。この状況をホンダのディーラーに持ちかけたわけだが、思った通り「カムリと同じ条件は難しいが、精一杯やらせてもらいます」との反応。新型車にありがちな反応に大きな期待は持たず、とりあえずカムリと同等の装備で見積もりを出していただくことにした。

カムリの見積もりは「ハイブリッドGパッケージ」。アコードがナビを標準装備しているので、カムリもメーカーオプションのナビと、ブライドスポットモニターも加えた状態で見積もった。フロアマットも含めた合計価格は377万6530円で、ここから先の値引きを加えると350万円は楽に下回る。決して安い価格ではないが、この時点で諸費用以上の値引きが得られるのはかなり魅力的だ。

対するアコードはCMBSなどの用意がないカムリに合わせてベーシックグレードの「LX」をチョイス。オプションはフロアマットに、車検を含まないメンテナンス フリーパッケージ(計6万7350円)をプラスし、自動車税は11月分から。これで388万8645円となった。値引きはここからせいぜい5万円前後か、フロアマットの無料サービスぐらいが精一杯かな、と予想した。

ところが、返ってきた回答は「ちょうどぐらいは可能」というもの。つまり、この段階で8万円を超える値引きが得られたのだ。カムリをぶつけてどこまで値引きが得られるかは今後の展開次第とは思うが、感触としてはもう少し、もしかしたら10万円ちょうどぐらいの値引きは頑張れるんじゃないか、そう思った次第だ。

この条件を当てはめると、車両価格が25万円高い「EX」でも“400万円ちょうど”を前面に押し出すことで「その金額は決して不可能ではない」そんな感触も伝わってきた。もちろん、先の「メンテナンスパッケージを除く」なんて条件が出てくる可能性も否定できないが…。

とはいえ、アコードのスムーズで快適なまでの走りは想像以上に素晴らしく、それまで高評価だったカムリを十分研究して発売した跡が随所に感じ取れる。今後、8月末にはトヨタからビッグマイナーを受ける『SAI』が登場予定だが、すべてが新設計であるアコードは十分魅力的だ。カムリにはない安全装備を加えた「EX」が400万円ちょうどで買えるなら、間違いなくアコードはお買い得となるだろう。

CMBSなど安全装備は25万円高となる「EX」専用装備だ アコード ハイブリッド「LX」の計算書。380万円ちょうどがとりあえずの提示額 カムリ ハイブリッドGパッケージの計算書。あっさりと350万円以下が提示された ホンダ アコード ハイブリッド《撮影 太宰吉崇》 ホンダ アコード ハイブリッド《撮影 太宰吉崇》 ホンダ アコード プラグインハイブリッド《撮影 太宰吉崇》 ホンダ アコード プラグインハイブリッド《撮影 太宰吉崇》 ホンダ アコード プラグインハイブリッド《撮影 太宰吉崇》 ホンダ アコード ハイブリッド《撮影 太宰吉崇》 ホンダ アコード ハイブリッド《撮影 太宰吉崇》 ホンダ・アコード《撮影 内田俊一》