トヨタ・ピクシス スペース X

トヨタ自動車は、軽乗用車『ピクシス スペース』を一部改良し、7月1日より販売を開始した。

今回の一部改良では、CVTサーモコントローラーの採用で、エンジンとCVTの温度を相互に最適化し、燃焼効率、動力伝達効率を高めることなどにより燃費を向上。2WD車で27.6km/リットル、4WD車で25.0km/リットル(ともにJC08モード・カスタム RSを除く)を実現し、2015年度燃費基準+20%を達成。「カスタム RS」は、2WD車で24.0km/リットル、4WD車で23.0km/リットルを実現し、2015年度燃費基準+10%」を達成した。

これにより、すでに認定を取得している2005年基準排出ガス75%低減レベルとあわせ、引き続き全車「環境対応車 普及促進税制」の減税措置の対象となる。

また、サスペンションの特性を変更し、乗り心地を向上させたほか、ブレーキをサイズアップし、制動力を強化した。さらに、防音材の性能向上や配置変更により静粛性を高めている。

外板色は、「L」「X」には新設定のマスカットグリーンメタリック、ムースピンクパール(オプション)、アーバンナイトブルークリスタルメタリック(オプション)を含む全8色、「カスタム X」「カスタム G」「カスタム RS」には、新設定のミストブルーマイカメタリックを含む全5色としている。さらに「L」「X」は、指定の外板色(3色)に、パールホワイトIII塗装のルーフやリヤピラーなどを組み合わせた2トーンセレクション(オプション)を新たに設定した。

内装は、「L」「X」のシート表皮とインストルメントパネルのアクセントカラーをグリーンに一新した。

価格は112万5000円から161万6000円。