チームAPEV with モンスタースポーツ・モンスター田嶋(中央)

米コロラド州で6月30日、決勝レースを迎えた「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」は、EVクラスで「チームAPEV with モンスタースポーツ」のモンスター田嶋こと田嶋伸博選手が初優勝を飾った。

決勝当日はあいにくのウェットコンディション。装着タイヤをレインかカットスリックかで迷うところだったが、ベテラン・モンスター田嶋はカットスリックを選択。さらに追加でカットを施した。

EVクラス最初の走者となったのは、予選トップ、三菱のトレイシー選手。タイムは10分23秒649。続いてスタートしたのは、三菱の増岡選手。トレイシー選手を2秒弱逆転する10 分21秒866で暫定首位に立った。

そして、モンスター田嶋がスタート。区間タイムでは前走の二人の記録を次々に塗り替えて行く。モンスター田嶋は、『E-RUNNER パイクスピークスペシャル』を手足の様に操り、場所によってグリップが違う難しい路面をクリアして行く。タイムは9分46秒530。ウェット混在路面でありながら、ドライだった昨年の優勝者に並ぶ驚異的なタイムでフィニッシュした。

モンスター田嶋はレース後「路面は滑りやすく、多くのアクシデントが発生した厳しいコンディションだった。しかし、エンジニアと相談して決めたセッティング内容が良く、結果的に、2011年に自分がガソリンカーで出したコースレコードを電気自動車で超えられたことは大きな喜びだ」とコメントした。

チームAPEV with モンスタースポーツ