本体右下に設置されたセンサーにより、手の「かざし」を検知してメニューを表示するランチャーメニューを搭載。《撮影 椿山和雄》

6月上旬より発売されたパナソニックのSDカーナビステーション「ストラーダ Rシリーズ」は、安全運転を支援する機能を強化した新型モデルだ。

2012年秋に登場した「ストラーダLシリーズ」に続き「モーションコントロール」を搭載、音量調整や再生中の曲の選択など、使用頻度の高い操作は画面を注視せずに行うことが可能だ。

DSRC車載器と連携し、高速道路の渋滞や落下物等のリアルタイム情報を提供する「ITSスポットサービス(DSRC)」を活用することで、安心、快適な高速道路ドライブを実現した。さらに、ランチャーアプリ「Drive P@ss」に対応。Yahoo!ニュースの閲覧や音楽再生支援など、スマートフォンとの連携機能を強化した。

ラインナップは、180mmコンソール用のCN-R500D、200mm用のCN-R500WD、DSRC車載器を同梱したCN-R500D-D、CN-R500WD-Dの4モデル。

スマートフォンとの連携は、ランチャーアプリの「Drive P@ss」で活用する。《撮影 椿山和雄》 MusicPlayerはタイトルやアーティスト名の表示にも対応《撮影 椿山和雄》 MusicPlayerはタイトルやアーティスト名の表示にも対応《撮影 椿山和雄》 ランチャーアプリの「Drive P@ss」対応アプリは今後追加される予定。《撮影 椿山和雄》 「Yahoo!ニュース」アプリ。レスポンスのニュースも閲覧できる。《撮影 椿山和雄》 パナソニック ストラーダ CN-R500WD《撮影 椿山和雄》 主なオーディオ操作も、画面をなぞるだけでできる。  Rシリーズでもツートップメニューは健在。グリーンはAV、ブルーはナビ機能だ。《撮影 椿山和雄》 行き先メニュー《撮影 椿山和雄》 AV機能メニュー。アイコンもリニューアルされている《撮影 椿山和雄》 ランチャーメニューの採用により、地図画面を広く見せることができる(「フルスクリーンマップ」)《撮影 椿山和雄》 エコな運転をしているかどうかを評価するドライブ診断機能も引き続き採用される《撮影 椿山和雄》 クリアパネルとLEDバックライトを採用しており、高い視認性とクッキリとした表現を実現している《撮影 椿山和雄》 画面左右の端からスワイプすることでオーディオ画面への切換、上端からスワイプすると渋滞情報の表示が可能(「スワイプイン」)。画面端から引き出すような感覚で操作できる。  AV再生中に、上下に指でなぞることで音量の調整が可能(「オーディオフリック」)  AV再生中に、左右に指でなぞると曲やチャンネルの順送り/逆戻しとなる(「オーディオフリック」)  画面の上端からスワイプすると、ルート前方の渋滞・規制情報が表示される  ピンチイン・ピンチアウトで地図の縮尺変更が可能《撮影 椿山和雄》 必要に応じて5ルートから探索可能《撮影 椿山和雄》 5ルートの同時表示にも対応している《撮影 椿山和雄》 ストラーダチューンはより使いやすく改良された。ルートチューンは4項目を3段階から選択できる《撮影 椿山和雄》 マップチューンの設定画面。地図色は「クルージング」「タウン」「トラフィック」「トワイライト」の4テーマ、3タイプの文字サイズ、そして道路の色やルート描写の太さなどを組み合わせることが可能《撮影 椿山和雄》 独自の再生モード「音の匠」。リッピング音源を高音質で再生できる「快適メモリーミュージック」など3つがある《撮影 椿山和雄》 写真は、200mm用のCN-R500WD。通常の2DINサイズのR500Dもラインナップされる《撮影 椿山和雄》 クリアパネルとLEDバックライトは地図表示にも効いている。地図やルートの藩閥がしやすく、視認性に優れる《撮影 椿山和雄》 「ここいこ」アプリからナビに位置情報を送信する機能もLシリーズ同様利用可能《撮影 椿山和雄》 目的地をナビに転送《撮影 椿山和雄》 おすすめスポットをスマートフォンで探しながら気に入ったスポットをナビへ転送できる《撮影 椿山和雄》