ホンダ・アコード《撮影 内田俊一》

フルモデルチェンジしたホンダ『アコード』は、ホンダの新しいフロントフェイスを表現しているという。

新型アコードのエクステリアデザインを担当した、本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室ADスタジオ主任研究員の奥本敏之さんは、「今後のホンダのデザインを主張するひとつとして、顔まわりのデザインがあります」と話す。「(アコードは)フロントグリルからヘッドライトへとつながっていく大胆な構成と、ソリッドウイングと呼んでいる、Hマークから、ヘッドライトまで横方向へ広がるワイドな表現により、今後のホンダの新しい顔を示しているのです」と述べる。

奥本さんは、「もちろんこのままのフロントフェイスにはなりませんが、今後はこのテーマでつくっていきます」とし、「ホンダのブランド作りのひとつとして、ホンダらしい顔ということを展開していきたいのです。ホンダの紋章であるHマークがきちんと目立つことと、低くてワイドという想いが一番強くあります」と語った。

ホンダ・アコード《撮影 内田俊一》 ホンダ・アコード《撮影 内田俊一》 ホンダ・アコード《撮影 内田俊一》 ホンダ・アコード《撮影 内田俊一》 ホンダ・アコード《撮影 内田俊一》