ホンダの峯川尚専務執行役員《撮影 太宰吉崇》

ホンダの日本営業を担当する峯川尚専務執行役員は6月20日の発表会場で、記者団に対して19日までの事前受注が2800台に達したと明らかにした。リース販売するPHV(プラグイン・ハイブリッド車)は除いた受注台数であり、月間販売目標(1000台)の3倍近い量を確保した。

峯川専務は今後の販売戦略として「既納先のお客様が多いのでコミュニケーションを密にして代替需要につなげていくとともに、『未来を拓くセダン』として新規のお客様を開拓したい」と語った。

ホンダはここ1年半で軽自動車の販売を強化、足元の軽比率は半数程度に高まっている。峯川専務は、上級セダンである『アコードハイブリッド』の販売では「もともと規模が大きく、立地などからセダンが得意な店がある。そうした店舗の内装や展示を工夫していきたい」と語った。一部の販売拠点を「セダン重点店」とするもので、全国で140〜150店程度が対象になるという。

ホンダの峯川尚専務執行役員《撮影 太宰吉崇》 ホンダ 新型『アコード ハイブリッド』発表会《撮影 太宰吉崇》 ホンダ 新型『アコード ハイブリッド』発表会《撮影 太宰吉崇》 ホンダ 新型『アコード ハイブリッド』発表会《撮影 太宰吉崇》 ホンダ 新型『アコード ハイブリッド』発表会《撮影 太宰吉崇》 ホンダ 新型『アコード ハイブリッド』発表会《撮影 太宰吉崇》 ホンダ・新型『アコード PHV』《撮影 太宰吉崇》 ホンダ・新型『アコード PHV』《撮影 太宰吉崇》 ホンダ・新型『アコード PHV』《撮影 太宰吉崇》 ホンダ・新型『アコード PHV』《撮影 太宰吉崇》 ホンダ・新型『アコード PHV』《撮影 太宰吉崇》