スマートインターチェンジ箇所図

国土交通省は6月11日、高速道路のスマートインターチェンジ35か所、追加インターチェンジ9か所の設置を許可した。今後事業着手するが、用地買収から始めるため、完成までにスマートインターでも最短で2年程度、平均で4〜5年程度かかる見込みだ。

ETC車限定で設置費用も安いスマートインターは、東北縦貫道弘前線の奥州(平泉前沢〜水沢間)、東名高速の綾瀬(横浜町田〜海老名間)や、近畿道松原那智勝浦線の和歌山南(和歌山〜海南東間)、東九州道の国富(西都〜宮崎西間)などへ設置。

追加インターチェンジ(無料区間)は、直轄で建設・管理する区間に追加整備するインターチェンジで、中部横断道の中富(身延〜六郷間)、京奈和道紀北東道路のかつらぎPA(紀北かつらぎ〜粉河・那賀間)、東広島・呉道路の大多田(黒瀬〜馬木間)などとなっている。

追加インターチェンジ箇所図