三菱 新型eK 発表会《撮影 小松哲也》

三菱自動車の益子修社長は6月6日に都内で開いた新型『eKワゴン/eKカスタム』の発表会で、軽乗用車『トッポ』および『i(アイ)』の生産を終了したことを明らかにした。

益子社長は「今まで生産をしていたトッポ、アイについては、これ(新型車の投入)を機に生産を打ち切った。この変更により乗用車系の軽自動車は新型eKワゴン/eKカスタムと、来年早々に投入する新型スーパーハイトワゴンの2車種に集約する」と述べた。

さらに「アイについてはEV専用モデルとして強化をしていく」とした上で、「新型車とEVにより激戦区である軽自動車市場において三菱らしさを発揮していきたい」と強調した。

また今後の軽自動車の開発に関しては「基本的には(日産自動車との合弁会社の)NMKVに一本化していく。日本の場合は社会構造の変化が非常に大きく進んでいる。そうした世の中の変化を先取りする形でNMKVの中で商品開発あるいは企画をやっていく。三菱がNMKVから離れて単独でやるという必要性はないと考えている」と説明した。

三菱 新型eK 発表会《撮影 小松哲也》 三菱 新型eK 発表会《撮影 小松哲也》 三菱 新型eK 発表会《撮影 小松哲也》 トッポ《撮影 小松哲也》 三菱 トッポ「M」《撮影 小松哲也》 i(アイ)《撮影 小松哲也》