改善箇所

フォルクスワーゲングループジャパンは6月5日、『up!』(1.0/55kw)のエアバッグコントロールユニットに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2013年3月15日〜同年4月17日に輸入された2296台。

エアバッグコントロールユニットのプログラムが不適切なため、側面からの衝撃を受けた際に、サイドエアバッグの展開が遅れたり、展開しないおそれがある。

全車両、エアバッグコントロールユニットのプログラムを書き換える。

不具合発生はなく、ドイツ本社からの情報でわかった。

事故は起きていない。