メルセデスベンツ GL 63 AMG《撮影 内田俊一》

フルモデルチェンジしたメルセデスベンツ『GLクラス』には初めてAMGモデルが設定された。

新型GLのモデルチェンジでは、ポルシェ『カイエン』や『レンジローバー』などが意識され、特にパフォーマンス面での向上が強調された。「GL550ではレンジローバースーパーチャージドと同じくらいの加速性能を誇り、GL63AMGでは圧倒的に凌駕しています」とは、メルセデス・ベンツ日本商品企画・マーケティング部アシスタント・マネージャーの古川麻樹氏の弁。GLクラスに初めて設定されたAMGモデルであるGL63AMGは、周辺のセグメントのユーザーへ、圧倒的なパフォーマンスや存在感を示すために設定された。

GL63AMGは、ストレートの0-100km/hはもちろんのこと(4.9秒)、コーナリング性能やオンロードでのハンドリングなど、運転する喜びを与えてくれると古川氏。「怒涛のパフォーマンスが直線だけではなく、オールラウンドでも味わえるようぬかりなく開発しています」と話す。

特にオンロード性能をGL65AMGは強調しており、その一例として古川氏は、4MATICの設定を挙げる。「GL550は前後配分を50:50であるのに対し、GL63AMGは40:60で、リア寄りに駆動力をかけています。さらにGL550に装備されるオフロードモードは装備されずに、AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンションを装備し、オンロードでさらにスポーティな走りが出来るようなモードに振っています」とした。

最後に、「競合車は、オフロード性能をかなりうたっていますが、GL63AMGは、想定される都市部での使用により特化し、オンロードでのパフォーマンスや、ハンドリングの気持ち良さを強調したモデルになっています」と語った。

メルセデスベンツ GL 63 AMG《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ GL 63 AMG《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ GL 63 AMG《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ GL 63 AMG《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ GL 63 AMG《撮影 内田俊一》