キア プロシードGT

韓国キアモーターズは3月4日、『プロシードGT』と『シードGT』の概要を明らかにした。実車は3月5日(日本時間3月5日夕方)、スイスで開幕するジュネーブモーターショー13で初公開される。

プロシードGTとシードGTは、同社の欧州Cセグメントハッチバック、『プロシード』(3ドア)と『シード』(5ドア)の高性能グレード。パワフルなエンジンに、強化された足回りを組み合わせたのが特徴だ。

パワートレインは、新開発の直噴1.6リットル直列4気筒ガソリン「GDI」ターボ。最大出力は204ps、最大トルクは27kgmを発生する。ベースの自然吸気エンジンと比較して、パワーは51%、トルクは61%も引き上げられている。

トランスミッションは6速MT。0-100km/h加速は7.7秒、最高速は230km/hのパフォーマンス。それでいて、欧州複合モード燃費は13.5km/リットル、CO2排出量は171g/kmと、環境性能も良好だ。

内外装は、スポーティさを強調した仕上げ。18インチアルミホイール、赤いブレーキキャリパー、デュアルエグゾースト、専用のLEDデイタイムランニングライト、レカロ製シートなどが採用される。

プロシードGTとシードGTは、キアのスロバキア工場で5月半ばから生産を開始する予定。欧州では2013年の半ばに発売される。

キア プロシードGT キア プロシードGT キア プロシードGT