ティーダ

カーライフニュース - ティーダ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産自動車の米国法人、北米日産は、タカタ製エアバッグのインフレータの不具合による追加リコール(回収・無償修理)を、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)に届け出たと発表した。

今回のリコールは、タカタが米国NHTSAに、同社製エアバッグのインフレータの新たな不具合を届け出たことを受けての対応。日産の場合、2009〜2012年モデルが、新たにリコールの対象に加えられた。

追加リコールに該当するのは、2009〜2012年モデルの『ヴァー・・・

ニュースを読む

日産自動車は4月25日、中国で開幕した北京モーターショー16において、新型『ティーダ』をワールドプレミアした。

現行ティーダは2世代目モデルで、2011年4月、上海モーターショー11で発表。日本市場で販売された初代ティーダとは異なり、2世代目は海外専用車になった。

4月25日、中国で開幕した北京モーターショー16では、3世代目となる新型ティーダが初公開。日産は2014年秋、欧州市場で新型『パルサー』を発売。この新型パルサーが、中国市・・・

ニュースを読む

日産自動車は4月25日、中国で開幕する北京モーターショー16において、新型『ティーダ』を初公開する。

現行ティーダは2世代目モデルで、2011年4月、上海モーターショー11でワールドプレミア。日本市場で販売された初代ティーダとは異なり、2世代目は海外専用車になった。

4月25日、中国で開幕する北京モーターショー16では、新型ティーダが初公開される予定。日産は2014年秋、欧州市場で新型『パルサー』を発売。この新型パルサーが、中国市場・・・

ニュースを読む

日産自動車の米国法人、北米日産は6月13日、『ヴァーサ ノート』(日本名:『ノート』)の価格を公表した。

ヴァーサ ノートは2013年1月、デトロイトモーターショー13でデビュー。この新型ノートの北米仕様は、エンジンが日本とは異なる。

日本仕様のノートは、エンジンが1.2リットル直列3気筒ガソリンで、自然吸気とスーパーチャージャーの2種類。スーパーチャージャーの場合、最大出力は98ps/5600rpm、最大トルクは14.5kgm/4・・・

ニュースを読む

1月14日、米国で開幕するデトロイトモーターショー13。日産自動車が同ショーにおいて、新型ハッチバック車を初公開することが分かった。

これは1月8日、日産自動車の米国法人、北米日産が明らかにしたもの。デトロイトモーターショー13において、新型サブコンパクトハッチバック車をワールドプレミアすることが告げられている。

現時点では車名を含めて、この新型車に関する情報は未公表。しかし、「サブコンパクト」というキーワードからは、日産が北米市場・・・

ニュースを読む

日産『ノート』は9月に8年ぶりにフルモデルチェンジし発売されたコンパクト2ボックス。最大の売りは従来型の1.5リットル直列4気筒エンジンに代えて1.2リットル3気筒「エコ・スパーチャージャー」と呼ばれるダウンサイジングの過給エンジンを搭載したこと。

国内の市場においては、ひとまわり大きい『ティーダ』を統合するとともに、上級グレードには、かつて存在した高級セダン『ローレル』のグレードネームである「メダリスト」を復活させた。コンパクトカー・・・

ニュースを読む

東風日産、ヴェヌーシア R50発表…ベースはティーダ

by 森脇稔 on 2012年07月30日(月) 17時30分

日産自動車と東風汽車の中国合弁、東風日産は7月27日、中国専用ブランドの「ヴェヌーシア」(VENUCIA)の新型車『R50』を発表した。

ヴェヌーシアは、東風日産が中国専用に立ち上げた新ブランド。2011年11月の広州モーターショー11では、同ブランド最初の量産車として、『D50』が披露されている。

今回発表されたR50は、D50に続くヴェヌーシアの第2弾モデル。R50は日産自動車のグローバルプラットフォームを基本に、東風日産が独自・・・

ニュースを読む

日産自動車が7月16日、ワールドプレミアした新型『ノート』。グローバルコンパクトカーを標榜する同車が、早くも米国での関連車種の投入計画を公表している。

これは16日、日産自動車の米国法人、北米日産が明らかにしたもの。同社の発表によると、新型ノートのデザインモチーフが、北米および南米向けの次期『ヴァーサ ハッチバック』(日本名:『ティーダ』)に反映されるという。

ヴァーサは現在、米国ではセダンだけが新型に移行。2012年上半期(1-6・・・

ニュースを読む

ガソリン価格の上昇で、消費者の注目が集まっている米国サブコンパクトカー市場。7月はヒュンダイ『アクセント』が同市場を制したが、8月は日産が同市場のトップを奪取した。

これは2日、北米日産が明らかにしたもの。それによると、8月の米国新車販売におけるサブコンパクトカーの販売ランキングは、日産『ヴァーサ』(日本名:『ティーダ』)が8566台を売り上げ、首位に立った。前年同月比は、14.9%増の伸びだ。

日産に追従したのは、フォードモーター・・・

ニュースを読む

日産自動車は『ティーダ』、『ノート』、『キューブ』、にインテリジェントエアコンシステムを搭載した特別仕様車「+プラズマ(プラスプラズマ)」シリーズを設定。6月30日から販売開始した。

今回発売する特別仕様車は、「日産エコ・バリューシリーズ」としてラインナップしたもので、ノート、キューブ、ティーダの人気グレードにインテリジェントエアコンシステムを標準装備しながら価格アップを抑えた。ティーダではベースとなった「15M」グレードの167万4・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

AQ1

アクアの回生ブレーキについて

車種名:トヨタ アクア
投稿ユーザー:AQ1***** さん
総合評価:

OBD2での表示上のですが、ブレーキなしの惰性発電は、60km/hぐらい...[ 続きを見る ]

そっとじ

さかのぼって1年間の記録

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:そっ***** さん
総合評価:

デミオXDの特徴はなんといってもディーゼルターボエンジンと6MTの組み合...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針