ヴォルツ

カーライフニュース - ヴォルツ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

【リコール】トヨタ ヴォルツ 走行中にエアバッグが展開するおそれ

by 纐纈敏也@DAYS on 2015年09月10日(木) 07時15分

トヨタ自動車は9月9日、GMとの共同開発モデル『ヴォルツ』のエアバッグコントロールユニットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『ヴォルツ』1車種で、2002年5月16日〜2004年3月2日に、両社の合弁会社であるNUMMI社で製造された4354台。

エアバッグコントロールユニットの電気ノイズに対する耐力が不足しているため、車両の電装部品から発生するノイズによりユニット内のICチッ・・・

ニュースを読む

独ボッシュの日本法人のウド・ヴォルツ社長は都内で6月18日、自動車の電動化や自動運転技術に関するボッシュグループの取り組みについて講演し、「2025年には全新車の15%が電動パワートレインを備えたものになる」との見通しを示した。

ヴォルツ社長は「すでに2015年初頭に30件の次世代の電動パワートレインシステムの受注を獲得し、このうちの10件はプラグインハイブリッド向け。またミッドサイズセグメント向けエントリーレベルのハイブリッドシステ・・・

ニュースを読む

ボッシュは、2015年3月31日付けでウド・ヴォルツ副社長が社長に昇格すると発表した。ヘルベルト・ヘミング社長は、同日付けで退任する。

ヴォルツ氏は2000年にドイツのロバート・ボッシュに入社し、コーポレート・マーケティング部門長を務め、2002年にアフターマーケット事業部の技術部門長、エナジー&ボディシステム事業部の技術部門長、エレクトリカルドライブス事業部の事業部長を経て、2014年の日本のボッシュの副社長に就任した。

現在はボ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は1月30日、米国で生産した『ヴォルツ』のエアバッグに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2002年5月14日〜2004年3月2日に製作された6101台。

エアバッグコントロールユニットの電気ノイズに対する耐力が不足しているため、車両の電装部品から発生するノイズによりユニット内のICチップが損傷し、走行中にエアバッグが展開するおそれがある。

全車両、エアバッグコントロ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

たか

ekカスタムT FFからの乗り換えです。 ekカスタムは6年ほど使用、主...[ 続きを見る ]

たけ爺

丸4年 乗りました。

車種名:マツダ ロードスター
投稿ユーザー:たけ***** さん
総合評価:

車は、ロードスター S-Leather Package 6MTです。 納...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針