Mクラス

カーライフニュース - Mクラス (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは4月20日、中国で開幕した北京モーターショー14において、『コンセプト クーペ SUV』を初公開した。

コンセプト クーペ SUVは、『Mクラス』から近い将来派生する新型車を示唆したコンセプトカー。メルセデスベンツが競合車として意識するのは、BMW『X6』。『X5』のクーペ版のX6は、世界の顧客に受け入れられた。そこでメルセデスベンツも、Mクラスベースのクーペの開発に乗り出す。

コンセプト ・・・

ニュースを読む

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツの主力SUV、『Mクラス』。同車から派生するクーペモデルが、その姿を現した。

これは4月9日、ドイツの自動車大手で、メルセデスベンツを擁するダイムラーのディーター・ツェッチェ取締役会長が、年次株主総会の場で明らかにしたもの。会場のスクリーンに、『コンセプト クーペ SUV』の姿が映し出されている。

コンセプト クーペ SUVは、Mクラスから派生する新型車を示唆したスタディモデル。市販版は、『M・・・

ニュースを読む

米国IIHS(道路安全保険協会)は10月8日、メルセデスベンツ『Mクラス』の2014年モデルについて、「スモールオーバーラップ」と呼ばれる新方式の衝突安全テストの結果を公表した。

IIHSのスモールオーバーラップテストは、フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて、固定バリアに64km/hでぶつけるもの。実際の衝突事故に、より近づけるための追加テストだ。車両のメインフレームよりも外側に大きな衝撃がかかるため、厳しい判定・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ Mクラス、安全運転支援システムを標準装備

by 纐纈敏也@DAYS on 2013年09月18日(水) 21時00分

メルセデス・ベンツ日本は9月18日、メルセデス・ベンツ『Mクラス』の装備内容を充実し、販売を開始した。

今回、全モデルに前方や左右後方の車両との衝突の危険を低減し安全運転をサポートする「レーダーセーフティパッケージ」および駐車時や狭い道などで車両周囲の状況を俯瞰で確認できる「360度カメラシステム」を標準装備し、安全性と利便性を向上させた。

また、「ML350ブルーテック 4マチック」は、アルミホイールを従来の18インチから19イン・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は、現行『Mクラス』の発売1周年を記念し、特別仕様車『ML350ブルーテック 4マチック 1stアニバーサリー エディション』を、8月28日より全国限定100台で発売した。

特別仕様車は、『ML350ブルーテック 4マチック』をベースに、「AMGスポーツパッケージ」や専用20インチAMG 5スポークアルミホイール、レザーARTICO/DINAMICA素材のAMGスポーツシート、乗降性を高める「ラバースタッド付ステ・・・

ニュースを読む

ドイツの自動車大手、ダイムラーは7月3日、フランシスコ新ローマ教皇の公用車として、特別に製作した新型メルセデスベンツ『Mクラス』を引き渡したと発表した。

ローマ教皇とメルセデスベンツの関係は深い。ローマ教皇がパレードで使用する謁見用車両、通称「ポープモービル」を、メルセデスベンツは80年以上に渡って製造してきた歴史がある。2002年からローマ教皇は、初代Mクラスをポープモービルとして利用してきた。

しかし、老朽化が進んだため2012・・・

ニュースを読む

新車市場の拡大に伴い、高級車の販売も伸びているインド。そのインドにおいて、メルセデスベンツがさらなる攻勢に出ることが分かった。

これは2月18日、メルセデスベンツのインド法人のエバーハルト・カーンCEOが明らかにしたもの。同CEOは、「マハラシュトラ州のプネー工場に追加投資し、工場を拡張。『Mクラス』の現地生産に備える」と発表したのだ。

メルセデスベンツの親会社のダイムラーは2012年8月、インド、タイ、インドネシアの3か国で、メル・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツがアメリカ市場向けに開発し、アメリカで生産する上級SUVのMクラスは、2012年6月にフルモデルチェンジを受けた。

これまでのMクラスは、内外装から走りに至るまで、いかにもアメリカ車的な質にとどまる印象が強かったが、今回のMクラスはいろいろな意味で質感が格段に向上し、メルセデス・ベンツらしいクルマに仕上げられた。

上級SUVらしい堂々たるサイズのボディは、必ずしも日本市場向きとはいえないが、全体に乗用車テイストにあ・・・

ニュースを読む

ドイツの自動車大手、ダイムラーは12月7日、ローマ教皇ベネディクト16世の公用車として、特別な新型メルセデスベンツ『Mクラス』を納車したと発表した。

ローマ教皇とメルセデスベンツの関係は深い。ローマ教皇がパレードで使用する謁見用車両、通称「ポープモービル」を、メルセデスベンツは80年以上に渡って製造してきた。2002年からローマ教皇は、初代Mクラスをポープモービルとして利用してきたが、老朽化が進んだため、メルセデスベンツから最新のMク・・・

ニュースを読む

ソニックデザインは、純正カーオーディオシステムの高音質化を手軽に実現する車種別専用スピーカーパッケージ、『ソニックプラス』シリーズの新製品として、メルセデス・ベンツ新型『Mクラス』『SLKクラス』専用モデル2機種を26日より販売開始した。

今回発売した「SP-166M」(Mクラス用)、「SP-172M」(SLKクラス用)は、車両の資産価値や操作性を犠牲にすることなくカーオーディオの音質を改善したいと考えるオーナーを対象に企画・開発した・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針