プレマシー

カーライフニュース - プレマシー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

マツダが持つ国内4箇所の試験場のうちの1つ、山口県にある美祢試験場において、報道陣向けの体験会が開催された。そこで体験できたものの1つが「マツダの進化」。マツダのクルマがどのように進化してきたのか、実際に乗ってその走りの違いを体感してみようという試みだ。

用意されたのは新型『アテンザセダン』とその改良前モデル、現行『プレマシー』とその1世代前のモデルの計4台。アテンザの大幅改良は2015年1月に、プレマシーのフルモデルチェンジは201・・・

ニュースを読む

マツダの小型MPV、『プレマシー』。同車が米国市場おいて、販売を終了することが分かった。

これは8月6日、マツダの米国法人、北米マツダが明らかにしたもの。現地名の『マツダ5』に関して、「2015年モデルをもって、販売を終了する」と発表している。

現行プレマシーは3世代目モデル。2010年3月、ジュネーブモーターショー10で初公開された。日本では2013年1月、初の大幅改良を実施。SKYACTIVテクノロジーを採用した。

デビューか・・・

ニュースを読む

マツダのミニバン、『プレマシー』。同車が、米国で行われた新方式の衝突テストで、厳しい評価を受けた。

これは7月30日、米国IIHS(道路安全保険協会)が公表したもの。『マツダ5』(日本名:プレマシー)の2014年モデルに、「スモールオーバーラップ」と呼ばれる新方式の前面オフセット衝突テストを実施。その結果、4段階評価で最低の「POOR」(不可)判定が下された。

IIHSのスモールオーバーラップテストは、フロント部分の運転席側1/4が・・・

ニュースを読む

マツダは、ミニバン『プレマシー』に、特別仕様車「20S-SKYACTIV セレーブル」を設定し、12月26日より販売を開始した。

特別仕様車は、「20S-SKYACTIV」をベースに、上質なサンドベージュ&ブラックのシートや高輝度塗装を施したシルバーのドアミラーなどを装備し、明るく洗練された内外装としている。

ボディカラーは、インテリアカラーとの調和を重視し、「ディープクリスタルブルーマイカ」、「チタニウムフラッシュマイカ」、「クリ・・・

ニュースを読む

オートエクゼは、「ストリートスポーツサス・キット」にマツダ『RX-7(FD3S)』『プレマシー(CW)』用を追加設定し、販売を開始した。

ストリートスポーツサス・キットは、量産仕様のバランスを保持しつつ、運転を愉しむための正常進化を目指した車高調整式キット。マツダ在職中にサスペンションの権威としてスポーツカーの開発主査を歴任し、現在はオートエクゼのスーパーバイザーを務める貴島孝雄氏が監修。同氏が提唱する「動的感性工学」に基づき、車高、・・・

ニュースを読む

『プレマシー』も他の最新モデルと足並みを揃え、エンジン(SKYACTIV-G 2.0)と6速AT(SKYACTIV-DRIVE)にSKYACTIV技術を投入。燃費もFFの15インチタイヤ装着車で16.2km/リットルを達成させている。

実際に試乗してみると、初期型に対し、明らかに進化していることを実感。アイドリングストップの作動頻度が最新の他モデル(『アテンザ』、『CX-5』)と同等の頻繁さになっているのは、SKY…ならではの設定だ。・・・

ニュースを読む

オートエクゼ、SKYACTIV対応の プレマシー用チューニングキットを発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2013年05月17日(金) 16時53分

オートエクゼは、マツダ『プレマシー』用チューニングキットを新設し、「AutoExe CW-04」シリーズとして、販売を開始する。

CW-04は、「心ときめくスポーツミニバンへ」をテーマに現行型プレマシー(CW)をトータルチューニング。LEDデイタイムランプを備えた新意匠のフロントノーズ、純正リアルーフスポイラーを活かして装着するアディショナルタイプのリアスポイラーといったスタイリングアイテムを新設定。ストリートで気負いなく映えるスポー・・・

ニュースを読む

オートエクゼ、プレマシー用プレミアテールマフラーを発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2013年03月08日(金) 11時01分

オートエグゼは、マツダ『プレマシー(CW系)』SKYACTIV車対応プレミアテールマフラーの販売を開始した。

新製品は110×95mmのオーバルシェイプのテールエンドを採用。細めのメインパイプ径と内部構造を念入りにチューニングした大容量ストレート構造サイレンサーにより、実用域からのアクセルレスポンス向上と室内へのコモリ音を抑えたジェントルなスポーツサウンドを両立している。

価格は6万7200円。・・・

ニュースを読む

2月のマツダ米国販売、2.8%減…プレマシーは48%の大幅増

by 森脇稔 on 2013年03月06日(水) 12時30分

マツダの米国法人、北米マツダは3月1日、2月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は2万4936台。前年同月比は2.8%減と、2か月連続で前年実績を下回った。

乗用車系では、主力車種の『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)が、1万0554台を販売。前年同月比は6.4%減と、2か月連続で前年実績を割り込む。1月末に新型が発売されたばかりの『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)も、需要に供給が追い付かず、47%減の2702台(先代を含・・・

ニュースを読む

住友ゴム、マツダ プレマシー にダンロップ ENASAVE EC300 を供給

by 纐纈敏也@DAYS on 2013年02月13日(水) 13時32分

住友ゴム工業は、1月にマイナーチェンジしたマツダ『プレマシー』に、ダンロップの環境タイヤ「ENASAVE EC300」の納入を開始した。

今回装着される「ENASAVE EC300」は、SKYACTIV技術を搭載したマツダ プレマシーに求められる環境性能と操縦安定性能を実現するため、ダンロップの低燃費タイヤ「ENASAVE」シリーズの開発で培った低燃費タイヤ技術を投入。タイヤの転がり抵抗低減による燃費性能の向上と操縦安定性能を高次元で・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

たか

ekカスタムT FFからの乗り換えです。 ekカスタムは6年ほど使用、主...[ 続きを見る ]

たけ爺

丸4年 乗りました。

車種名:マツダ ロードスター
投稿ユーザー:たけ***** さん
総合評価:

車は、ロードスター S-Leather Package 6MTです。 納...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針