ホンダ N-BOX

全国軽自動車協会連合会は1月11日、2016年12月および2016年暦年(1〜12月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表した。

●N-BOX、10か月連続トップを達成 12月

12月は、ホンダ『N-BOX』が1万4967台(前年同月比25.8%増)を販売し、10か月連続のトップを達成した。

2位は新モデル『ムーヴキャンバス』の販売が好調なダイハツ『ムーヴ』で、1万1702台(同69.5%増)。首位N-BOXとの差は3265台だった。3位はワンランクアップで、1万1429台(同30.2%増)を販売した日産『デイズ』がランクインした。

12月の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:N-BOX(ホンダ)1万4967台(25.8%増)
2位:ムーヴ(ダイハツ)1万1702台(69.5%増)
3位:デイズ(日産)1万1429台(30.2%増)
4位:タント(ダイハツ)1万0299台(23.0%減)
5位:アルト(スズキ)6885台(2.6%減)
6位:N-WGN(ホンダ)6560台(1.3%増)
7位:ハスラー(スズキ)6280台(3.1%増)
8位:スペーシア(スズキ)6020台(22.7%増)
9位:ミラ(ダイハツ)5566台(8.6%減)
10位:ワゴンR(スズキ)5277台(25.5%減)

●N-BOX、2年連続トップ 2016年

年間ランキングでも、ホンダ『N-BOX』が18万6367台(前年比0.8%増)で2年連続トップを達成した。

2位のダイハツ『タント』で15万5998台(同1.1%減)。首位N-BOXとの差は3万0369台と、大きく引き離された。3位は昨年同様、日産『デイズ』。燃費不正問題による販売停止があったものの、10万5731台(同29.8%減)を販売した。

トップ10各車の販売台数は首位N-BOXと8位のスズキ『スペーシア』を除き、前年実績を下回った。そのうち5車種は2ケタの減少となった。

2016年の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:N-BOX(ホンダ)18万6367台(0.8%増)
2位:タント(ダイハツ)15万5998台(1.1%減)
3位:デイズ(日産)10万5731台(29.8%減)
4位:ムーヴ(ダイハツ)10万2410台(15.2%減)
5位:アルト(スズキ)9万9715台(8.8%減)
6位:N-WGN(ホンダ)8万6710台(9.7%減)
7位:ハスラー(スズキ)8万5762台(10.3%減)
8位:スペーシア(スズキ)8万1277台(2.4%増)
9位:ワゴンR(スズキ)8万1134台(25.0%減)
10位:ミラ(ダイハツ)7万2924台(21.6%減)

ダイハツ・ムーヴキャンバス 〈撮影 高木啓〉