水冷V型4気筒エンジンを搭載する『NOVA』(1981年)は、市販化には至らなかった。アメリカ・ミルウォーキーにあるH-Dミュージアムにて。《撮影 青木タカオ》 

Vツインエンジンが代名詞ともなっているハーレーダビッドソンだが、かつてはそうでないモデルもあったことが、『ハーレーダビッドソン ミュージアム』(アメリカ・ミルウォーキー)を訪れると知ることができる。

まずは1981年の『NOVA PROJECT』。大柄なフェアリングを持つ車体に搭載されるエンジンが、水冷式のV型4気筒だから驚く。ハーレー初の水冷エンジンといえば、2001年にデビューした『V-ROD』だが、V-RODはV型2気筒エンジンを搭載する。

一方、NOVA PROJECTは1976年に開発をスタートするものの市販化には至らず、まさに幻のハーレー。NOVAもV-RODもポルシェとの技術提携によるもので、ミュージアムには当時の資料も展示されている。一見の価値ありだ。

1941年の『XA』も興味深い。こちらはなんと、BMWでお馴染みの水平対向2気筒エンジンを積む。排気量は740ccで、トランスミッションは4速。ファイナルドライブもBMW同様にシャフトドライブを採用。軍からの要望で1000台強が製造され、若干ながら市販もされたらしい。

そしてXAの隣には軍用ハーレーとして有名な『WLA』もディスプレイされている。水深40cmの浅瀬を渡れるという軍のオーダーをクリアし、マシンガンホルダーといった専用装備を持っているから、まるでSFだ。

これを模したカスタムハーレーも飾られている。映画『キャプテンアメリカ』(2011年)に登場した『クロスボーンズ』をベースにした1台だ。マシンガンホルダーもしっかりあり、オリーブグリーンのカラーリングもよく似ている。

水冷V型4気筒エンジンを搭載する『NOVA』(1981年)は、市販化には至らなかった。アメリカ・ミルウォーキーにあるH-Dミュージアムにて。《撮影 青木タカオ》  水冷V型4気筒エンジンを搭載する『NOVA』(1981年)は、市販化には至らなかった。アメリカ・ミルウォーキーにあるH-Dミュージアムにて。《撮影 青木タカオ》  水冷V型4気筒エンジンを搭載する『NOVA』(1981年)は、市販化には至らなかった。アメリカ・ミルウォーキーにあるH-Dミュージアムにて。《撮影 青木タカオ》  水冷V型4気筒エンジンを搭載する『NOVA』(1981年)は、市販化には至らなかった。アメリカ・ミルウォーキーにあるH-Dミュージアムにて。《撮影 青木タカオ》  水冷V型4気筒エンジンを搭載する『NOVA』(1981年)は、市販化には至らなかった。アメリカ・ミルウォーキーにあるH-Dミュージアムにて。《撮影 青木タカオ》  水冷V型4気筒エンジンを搭載する『NOVA』(1981年)は、市販化には至らなかった。アメリカ・ミルウォーキーにあるH-Dミュージアムにて。《撮影 青木タカオ》  水冷V型4気筒エンジンを搭載する『NOVA』(1981年)は、市販化には至らなかった。アメリカ・ミルウォーキーにあるH-Dミュージアムにて。《撮影 青木タカオ》  水冷V型4気筒エンジンを搭載する『NOVA』(1981年)は、市販化には至らなかった。アメリカ・ミルウォーキーにあるH-Dミュージアムにて。《撮影 青木タカオ》  水冷V型4気筒エンジンを搭載する『NOVA』(1981年)は、市販化には至らなかった。アメリカ・ミルウォーキーにあるH-Dミュージアムにて。《撮影 青木タカオ》  水冷DOHC Vツインエンジンを搭載するハーレーダビッドソンのレーシングマシン『VR1000』(1994年)。《撮影 青木タカオ》  水平対向2気筒エンジンを積むXA(1941年)。H-Dミュージアムで見ることができる。《撮影 青木タカオ》  軍用として製造されたWLA(1942年)。サイドバルブVツインエンジンを搭載する。《撮影 青木タカオ》  海軍の海岸パトロール用として製造されたモデルU(1942年)。H-Dミュージアムで見ることができる。《撮影 青木タカオ》  現在もマニアが多い軍用モデル。H-Dミュージアムで見ることができる。《撮影 青木タカオ》  現在もマニアが多い軍用モデル。H-Dミュージアムで見ることができる。《撮影 青木タカオ》  現在もマニアが多い軍用モデル。H-Dミュージアムで見ることができる。《撮影 青木タカオ》  戦時中の会報誌『エンスージアスト』。H-Dミュージアムで見ることができる。《撮影 青木タカオ》  映画『キャプテンアメリカ』に登場したソフテイルベースのWLA風カスタム。H-Dミュージアムで見ることができる。《撮影 青木タカオ》