日産Vmotion 2.0(デトロイトモーターショー2017) (c) Getty Images

日産自動車は1月9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017において、コンセプトカーの『Vmotion 2.0』を初公開した。

同車は、日産の将来のセダンにおけるデザインの方向性を示唆し、「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」技術を搭載した新型コンセプトカー。

Vmotion 2.0は、ハイセンスなスタイル、エモーショナルなデザイン、広々とした空間、快適な乗り心地を実現するモデル。移動が多く、忙しいビジネスパーソンに向けて、将来のモビリティを提案する。

交差点を含む一般道での自動運転支援技術「プロパイロット」の作動時に点灯する日産エンブレムを囲むライティングは、日産が目指す「ゼロエミッション」、「ゼロフェイタリティ」社会の実現に向けたVmotion 2.0の指針、ニッサン・ インテリジェント・ モビリティの将来を示した。

Vmotion 2.0は、ニッサン・インテリジェント モビリティビジョンの3つの主要領域のひとつ、「ニッサン・ インテリジェント・ ドライビング」を体現するモデル。ニッサン・ インテリジェント・ ドライビングとは、将来的には渋滞時を含む高速走行だけでなく交差点を含む一般道での走行時でも自動運転を可能にするプロパイロットなどを通じて、安全かつ快適なドライビングを提供することを意味している。

日産Vmotion 2.0 日産Vmotion 2.0 日産Vmotion 2.0 日産Vmotion 2.0 日産Vmotion 2.0 日産Vmotion 2.0 日産Vmotion 2.0 Vmotion 2.0をプレゼンする日産の中村史郎チーフクリエイティブオフィサー(デトロイトモーターショー2017) (c) Getty Images