日産自動車のゴーン会長兼CEO(CES 2017)

日産自動車の自動運転技術、「プロパイロット」。同社はこの技術を、グローバル規模で拡大展開していく。日産自動車のカルロス・ゴーン会長兼CEOが1月5日、米国ラスベガスで開催中のCES 2017の基調講演において、明らかにした。

「ルノー日産アライアンスは、欧州、日本、中国、米国で2020年までに、10モデル以上へプロパイロットを搭載する予定」と発表している。

プロパイロットは、高速道路の同一車線で使える自動運転技術。まずは、2016年8月に発売されたミニバンの新型『セレナ』に採用された。プロパイロットは、革新的かつ安心して使用できる高速道路の単一車線での自動運転技術。渋滞走行と、長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーの負担を軽減する。

またプロパイロットでは、高度な画像処理技術によって、道路と交通状況を把握し、ステアリングを正確に制御。人間が運転している感覚に近い自然な走行を実現した。日本国内では、新型セレナの顧客の約6割が、プロパイロット搭載グレードを選択する人気に。

今回、グローバル規模で拡大展開が決まったプロパイロット。日産は、「2017年度に欧州で投入する『キャシュカイ』を含め、他のモデルへの採用を拡大していく」とコメントしている。

日産 セレナ プロパイロットイメージ 日産自動車のゴーン会長兼CEO(CES 2017) (c) Getty Images