ダイハツ・タント

●軽自動車の販売不振に底打ち感、6ブランドが前年実績を上回る 12月ブランド別

全国軽自動車協会連合会が発表した12月の軽自動車ブランド別新車販売台数によると、ダイハツが前年同月比4.6%減ながら4万4398台を販売し、8か月連続トップとなった。

2位スズキは同0.3%増の3万6438台、3位ホンダは同13.5%増の2万6064台。ダイハツとマツダを除く全ブランドが前年同月実績を上回り、軽自動車市場の不振にやや底打ち感が見られる。

1位:ダイハツ 4万4398台(4.6%減)
2位:スズキ 3万6438台(0.3%増)
3位:ホンダ 2万6064台(13.5%増)
4位:日産 1万3764台(6.0%増)
5位:三菱 4387台(0.6%増)
6位:スバル 2935台(15.3%増)
7位:トヨタ 2378台(19.0%増)
8位:マツダ 2230台(14.7%減)

●軽自動車販売、ダイハツが2年連続トップ 2016年ブランド別

全国軽自動車協会連合会が発表した2016年のブランド別新車販売台数によると、ダイハツが前年比4.7%減の58万0115台とマイナスながら2年連続で年間販売台数トップとなった。

スズキは、燃費データ不正問題の影響もあり、同7.0%減の52万0739台と伸び悩み、ダイハツに約6万台差の2位。3位は同6.5%減の32万3224台でホンダだった。

4位 日産は同29.4%減の14万8792台、5位 三菱は同18.3%減の5万0196台。燃費データ不正問題による主力モデル販売停止の影響が大きかった。

1位:ダイハツ 58万0115台(4.7%減)
2位:スズキ 52万0739台(7.0%減)
3位:ホンダ 32万3224台(6.5%減)
4位:日産 14万8792台(29.4%減)
5位:三菱 5万0196台(18.3%減)
6位:マツダ 3万9130台(12.3%減)
7位:スバル 3万3789台(11.7%減)
8位:トヨタ 2万9415台(9.7%増)

スズキ・ハスラー 日産デイズ