ホンダN-BOX

●軽自動車販売、24か月ぶりのプラス 12月

全国軽自動車協会連合会が発表した12月の軽自動車新車販売台数(速報)によると、前年同月比1.7%増の13万2598台で、24か月ぶりのプラスとなった。

車種別では、乗用車が同1.5%増の10万5059台で24か月ぶりのプラス。貨物車は同2.6%増の2万7539台で、3か月連続のプラスとなった。

貨物車の内訳は、ボンネットバンが同13.9%増の1214台で7か月連続のプラス。キャブオーバーバンは同2.1%増の1万2673台で4か月連続のプラス。トラックは同2.1%増の1万3652台で2か月連続のプラスとなった。

●軽自動車販売、2年連続マイナス…9%減の172万5462台 2016年

全国軽自動車協会連合会が発表した2016年(1〜12月)の軽自動車新車販売台数は、前年比9.0%減の172万5462台で2年連続のマイナスとなった。

軽自動車の販売は昨年、3年ぶりの200万台割れを記録。今年も減少傾向は続き、東日本大震災の影響が大きかった2011年以来の低水準となった。

車種別では、乗用車が同11.0%減の134万4968台、貨物車は同1.1%減の38万0494台。ともに2年連続のマイナスとなった。

貨物車の内訳はボンネットバンが同5.0%増の1万9456台で11年ぶりのプラス。キャブオーバーバンが同1.0%増の18万5928台で4年ぶりのプラス、トラックは同3.9%減の17万5110台で2年連続のマイナスとなった。

日産デイズ スズキ・ハスラー