いすゞ ベレル《撮影 内田俊一》

いすゞはこれまでの生産車やコンセプトモデルを保存し、一部は自社の技能伝承、文化遺産伝承を目的にレストア活動を行っている。その一部を報道陣に公開し、撮影会が行われた。

今回公開された車両は12台。そのうち6台は乗用車及びバン、ピックアップ系であった。

いすゞ『ベレル』は同社初の自社開発の乗用車で、当時のフラッグシップサルーンであった。そのデザインは、クルマの走り去るカタチをそのままに、流れるようなイメージしてデザインされたという。日本におけるディーゼル乗用車のパイオニアとして知られ、1962年度日本機械学会賞を受賞している。

『べレット』は、レースシーンでも活躍し、GTやGTRなどはそこからフィードバックされた技術が多数盛り込まれていた。その一方エキスプレスという名称のバンも存在し、1966年から68年にかけて生産。テールゲートは上下2分割で、リアウインドウは電動式を採用していた。

『117クーペ』のデザインは当時イタリアのカロッツェリア・ギアに所属していたジョルジェット・ジウジアーロによるものだ。1966年3月のジュネーブショーで発表され、コンクール・デレガンスで優勝している。初期モデルではボディの成型の多くを手作業で行われたことから“ハンドメイド”と呼ばれている。

いすゞブランドを掲げていないシボレー『LUV』は、GMといすゞの資本提携第1弾として登場した、いすゞのピックアップトラック『ファスター』のシボレーバージョンで、主にアメリカで販売された。

『ジェミニ』もGMといすゞの資本提携で生まれたモデルで、ワールドカー構想(Tカーシリーズ)の乗用小型車として開発。アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、そして日本で販売された。日本ではベレットの後継車として位置づけられ、1972年のデビュー後たちまちちいすゞの主力車種となった。

『ロデオ ビッグホーン』は、これまでの4WDの性能を備えつつ、オンロードでの快適性を備えた、現在のSUVの先駆けともいえるクルマだ。そのデザインも乗用車ユーザーからも受け入れられるよう意識したものが採用された。

いすゞ ベレル《撮影 内田俊一》 いすゞ ベレル《撮影 内田俊一》 いすゞ ベレル《撮影 内田俊一》 いすゞ ベレル《撮影 内田俊一》 いすゞ ベレル《撮影 内田俊一》 いすゞ ベレル《撮影 内田千鶴子》 いすゞ ベレル《撮影 内田千鶴子》 いすゞ ベレル《撮影 内田俊一》 いすゞ べレット エキスプレス《撮影 内田千鶴子》 いすゞ べレット エキスプレス《撮影 内田俊一》 いすゞ べレット エキスプレス《撮影 内田俊一》 いすゞ べレット エキスプレス《撮影 内田俊一》 いすゞ べレット エキスプレス《撮影 内田俊一》 いすゞ べレット エキスプレス《撮影 内田千鶴子》 いすゞ べレット エキスプレス《撮影 内田千鶴子》 いすゞ べレット エキスプレス《撮影 内田千鶴子》 いすゞ べレット エキスプレス《撮影 内田俊一》 いすゞ べレット エキスプレス《撮影 内田俊一》 いすゞ 117クーペ《撮影 内田俊一》 いすゞ 117クーペ《撮影 内田俊一》 いすゞ 117クーペ《撮影 内田千鶴子》 いすゞ 117クーペ《撮影 内田俊一》 いすゞ 117クーペ《撮影 内田俊一》 いすゞ 117クーペ《撮影 内田千鶴子》 いすゞ 117クーペ《撮影 内田千鶴子》 いすゞ 117クーペ《撮影 内田千鶴子》 いすゞ 117クーペ《撮影 内田俊一》 シボレー LUV《撮影 内田俊一》 シボレー LUV《撮影 内田俊一》 シボレー LUV《撮影 内田俊一》 シボレー LUV《撮影 内田俊一》 シボレー LUV《撮影 内田千鶴子》 シボレー LUV《撮影 内田千鶴子》 シボレー LUV《撮影 内田千鶴子》 シボレー LUV《撮影 内田千鶴子》 シボレー LUV《撮影 内田俊一》 いすゞ ジェミニ《撮影 内田俊一》 いすゞ ジェミニ《撮影 内田俊一》 いすゞ ジェミニ《撮影 内田俊一》 いすゞ ジェミニ《撮影 内田俊一》 いすゞ ジェミニ《撮影 内田俊一》 いすゞ ジェミニ《撮影 内田千鶴子》 いすゞ ジェミニ《撮影 内田千鶴子》 いすゞ ジェミニ《撮影 内田俊一》 いすゞ ロデオビッグホーン《撮影 内田千鶴子》 いすゞ ロデオビッグホーン《撮影 内田俊一》 いすゞ ロデオビッグホーン《撮影 内田俊一》 いすゞ ロデオビッグホーン《撮影 内田俊一》 いすゞ ロデオビッグホーン《撮影 内田俊一》 いすゞ ロデオビッグホーン《撮影 内田千鶴子》 いすゞ ロデオビッグホーン《撮影 内田千鶴子》