JXエネルギーは12月28日、12月の石油製品卸価格の変動幅を公表した。

11月のガソリン卸価格は前月と比べて1リットル当たり4.0円アップとなる見込み。ガソリン卸価格は前月1.0円ダウン。4か月ぶりの値下がりとなったが、原油価格上昇の影響を受け、12月は大幅な値上がりとなる。

そのほか、軽油は4.9円、灯油は7.0円、A重油は5.2円、それぞれ卸価格は前月よりアップ、4油種平均は5.3円アップとなる見通し。