マツダ商品本部の竹下仁本部長《撮影 池原照雄》 

マツダの商品本部の竹下仁本部長は、新型『CX-5』の開発から燃費性能の追求は「はっきりと実用燃費の方にカジを切った」と述べ、今後の新モデル開発では実際の使用シーンを想定した性能重視の方針を強調した。

竹下本部長は12月25日に、北海道の同社剣淵試験場(上川郡剣淵町)で開いたCX-5などの試乗会で報道陣の取材に応じ、指摘した。新型CX-5の「JC08モード」による燃費は、14.6〜18.0km/リットル。従来モデルの14.6〜18.6km/リットルとほぼ同等レベルになっている。

竹下本部長は、従来もカタログに掲載される「モード燃費」よりも「実用燃費」を重視してきたが、今回のCX-5で明確に方針を定めたという。新型CX-5では実用燃費性能で「お客様に価値を感じていただける」と、自信も示した。

燃費性能の表示方法については、国土交通省が2018年10月から、国連のワーキングチームが定めた新たな国際基準を導入する方針。これにより、実際の走行に近い方法で燃費の審査を行っていく。竹下本部長は「欧州も実用モード重視に変わっていくなど、世界的な流れ」としており、そうした動きに先行して対応する考えを示した。

協力:マツダ(試乗会)

マツダ剣淵試験場《撮影 池原照雄》  新型CX-5《撮影 池原照雄》