スズキ スペーシア X デュアルカメラブレーキサポート装着車

スズキは、デュアルカメラブレーキサポートと全方位モニターを搭載した軽乗用車『スペーシア』と小型乗用車『ソリオ』が、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにて最高ランク評価の「ASV++」を獲得したと発表した。

スペーシアは、軽自動車で初めてステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」装着車を設定したモデル。今回、同システム装着車が66.7点を獲得し、軽自動車では初となる「ASV++」に認定された。

ソリオは、2015年度JNCAP予防安全性能アセスメントで当時の最高ランク「ASV+」に認定。試験項目が増えた今年度も68.1点を獲得し「ASV++」に認定された。12月1日に「ASV++」に認定された「イグニス」に続き、スズキ登録車で2車種目の獲得となった。

JNCAP予防安全性能アセスメントは、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が自動車の先進安全技術について評価し、結果を公表する制度。2016年度の評価対象は、昨年までの「前方車両に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)」「車線逸脱警報装置(LDWS)」「後方視界情報提供装置(バックビューモニター)」の試験に加えて、「歩行者に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)」を追加した4項目で71点満点の評価点が与えられる。評価点の合計が12点を超える場合は「ASV+」として認定され、さらに46点を超えると「ASV++」に認定される。

スズキ ソリオ ハイブリッドSZ デュアルカメラブレーキサポート装着車