ヤマハ発動機 F25GWHL

ヤマハ発動機は、軽量・コンパクトを追求した4ストローク船外機「F25G」を開発し、2017年1月9日より発売する。

F25Gは、総排気量432cc、直列2気筒SOHCの新型エンジンを採用。パワーヘッド、ブラケット、ドライブユニットなど、徹底した軽量・コンパクト設計を進め、同社既存モデル「F25D」と比較して、約20kgの重量減、4ストローク船外機としては25馬力クラス最高レベルの軽量化を実現。搭載可能なボートの選択幅を広げたほか、ポータブル船外機として持ち運びも容易にした。

また、燃料供給システムに新たにバッテリーレス・フューエルインジェクションを採用。過酷な使用環境下でも優れた始動性を発揮するとともに、加速性能を高めたほか、新設計のキャリーハンドルやマルチファンクション・ティラーハンドル(F25GWHL)など、扱いやすさや操作性を向上させた。

環境面では、米国カリフォルニア州大気資源局(CARB)の2008年度規制値、米国環境保護庁(EPA)の2010年度規制値、欧州連合マリンエンジン規制値(EU marine emissions standards)をクリアしている。

価格(税別)は45万1900円から50万9200円。