日産セレナ新型《撮影 内田俊一》 

日産『セレナ』新型にはこれまで同様基準車とハイウエイスターの2種類が設定されている。

「開発当初、ハイウエイスターのデザインはいまよりおとなしめだった」と振り返るのは、日産自動車グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部プログラム・デザイン・ダイレクターの入江慎一郎さんだ。その場合、基準車は更におとなしくなってしまう。また一方で、「もっと新しさ、新鮮さが欲しいということもあり、途中から基準車のデザインを優先した」という。

その基準車のデザインが決まった後に、ハイウエイスターのデザインが行われた。入江さんは、「日本のミニバン市場は成熟しているので、その中でいかに目立つかが重要だ」とし、「特にハイウエイスターの外観は、お父さんに興味を持ってもらわないといけない。そうすると、最初は違和感があるかもしれないが、ちょっと“トバシ気味”くらいの方がいいとデザインした」と話す。この“トバシ気味”とは、「パワフルでアグレッシブ、力強さを表現した言葉だ」と入江さんは説明した。

一方の基準車はエレガントさを大事にデザインされた。「家族を大切に包み込む“ハッピーカプセル”そのもの。そして、これまでのミニバンにはなかったエレガントさ、プレムアムさを表現することで、新型セレナをジャンプアップさせた」と述べる。

その理由は、「セレナ1台しか所有しないユーザーが多いので、いろいろなシチュエーションで乗ることが出来るように、これ1台で全てを完結しなければならない」とし、そこで、「ただの大衆的なミニバンではなく、そこにプレミアムを加味することで、より上質な大人のミニバンにしたい。そこがこれまでのセレナと大きく違うところだ」と語った。

日産セレナ新型《撮影 内田俊一》  日産セレナ新型《撮影 内田俊一》  日産セレナ新型《撮影 内田俊一》  日産セレナ新型《撮影 内田俊一》  日産セレナ新型《撮影 内田俊一》  日産セレナ新型《撮影 内田俊一》  日産セレナ新型《撮影 内田俊一》