1970年 三菱 ミニカ 70 GSS嶽宮 三郎

11月12日に埼玉県北本市の北本総合公園野球場で行われた「クラシックカーフェスティバルin北本きくまつり」。今回は30台を超える軽自動車が集まり、その多様さに改めて感心させられた。そんな、ちょっと気になる小さな車をピックアップしてみた。

最も古かったのは、1964年式の東洋工業(現マツダ)『K360』。軽3輪トラック(オート3輪)だ。今見ると本当に小さい。それでもオーナーによれば乗用車感覚で乗ることができ、ハーレーのようなVツインサウンドが心地よいとか。このオート3輪と併売されていたのは4輪のトラック『B360』。マイナーチェンジ後のこの1964年式は、総アルミ合金製水冷直列4気筒4ストロークOHVエンジンを搭載している。同じユニットを積む『キャロル』(1969年)は、軽自動車初の4ドアセダンタイプのモデルだ。

スズキは結構な台数が来ていた。”コークボトルライン”と言われる丸みを帯びたスタイルが特徴の『フロンテ360DX』(1969年)は、駆動方式をFFからRRとした2代目。1974年式の『フロンテクーペ』は、3連キャブ装着でわずか356ccの排気量から37馬力をたたき出した最上級グレードの「GX-CF」。その後継となる550ccの新軽規格車『セルボCX-G』(1979年)、更に2代目「SS40」型のセルボは4ストロークエンジンを搭載しFF車となった。また、その派生車種として発売されたピックアップトラック『マイティーボーイ』(1985年)はオリジナル性が高く、オプションパーツだったシェルも荷台に載せていた。

三菱は『ミニカ』が2台。1970年式の初代はセンターピラーから後ろをノッチバックにした独特のスタイル。2代目に当たる1970年式の「70GSS」はツインキャブの水冷エンジンを搭載。初期型だけに付けられたメガホンマフラーが勇ましい。新車から乗り続けているという希少車だ。

オープンカータイプの軽トラック『バモスホンダ』(1971年)や、ホンダ『N360』をベースにしたライトバン『LN360』も、今やめったに見ることがない。一方でスバル『360』はタマ数が多いが、走行距離が驚きの9902kmという1967年式や、車体後端まで屋根の伸びた荷室を設けてテールゲートを備えた商用バンモデル「カスタム」(1967年)などが目を引いた。

1970年 三菱 ミニカ 70 GSS嶽宮 三郎 1970年 三菱 ミニカ 70 GSS嶽宮 三郎 1970年 三菱 ミニカ 70 GSS嶽宮 三郎 1969年 マツダ キャロル嶽宮 三郎 1969年 マツダ キャロル嶽宮 三郎 1969年 マツダ キャロル嶽宮 三郎 1964年 マツダ K360嶽宮 三郎 1964年 マツダ K360嶽宮 三郎 1967年 スバル360嶽宮 三郎 1967年 スバル360嶽宮 三郎 1967年 スバル360嶽宮 三郎 1967年 スバル 360 カスタム嶽宮 三郎 1967年 スバル 360 カスタム嶽宮 三郎 1967年 スバル 360 カスタム嶽宮 三郎 1964年 マツダ B360嶽宮 三郎 1964年 マツダ B360嶽宮 三郎 1964年 マツダ B360嶽宮 三郎 1971年 バモスホンダ嶽宮 三郎 1971年 バモスホンダ嶽宮 三郎 1971年 バモスホンダ嶽宮 三郎 1970年 三菱 ミニカ嶽宮 三郎 1970年 三菱 ミニカ嶽宮 三郎 1974年 スズキ フロンテ クーペ GX-CF嶽宮 三郎 1974年 スズキ フロンテ クーペ GX-CF嶽宮 三郎 1969年 スズキ フロンテ 360 DX嶽宮 三郎 1969年 スズキ フロンテ 360 DX嶽宮 三郎 1969年 スズキ フロンテ 360 DX嶽宮 三郎 1969年 スズキ フロンテ 360 DX嶽宮 三郎 1979年 スズキ セルボCX-G嶽宮 三郎 1979年 スズキ セルボCX-G嶽宮 三郎 1979年 スズキ セルボCX-G嶽宮 三郎 1969年 ホンダ LN360嶽宮 三郎 1969年 ホンダ LN360嶽宮 三郎 1969年 ホンダ LN360嶽宮 三郎 1969年 ホンダ LN360嶽宮 三郎 1985年 スズキ セルボ嶽宮 三郎 1985年 スズキ セルボ嶽宮 三郎 1985年 スズキ マイティーボーイ嶽宮 三郎 1985年 スズキ マイティーボーイ嶽宮 三郎 1985年 スズキ マイティーボーイ嶽宮 三郎 1985年 スズキ マイティーボーイ嶽宮 三郎