ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム

プジョー・シトロエン・ジャポンがサポートするプライベートチームが、11月5日から6日に愛知県新城市で開催された全日本ラリー最終戦に参戦。プジョー『208 R2』の柳澤宏至選手は3位表彰台を獲得。この結果、中原祥雅選手がJN5クラスのコ・ドライバーチャンピオンに輝いた。

最終戦「新城ラリー 2016」は、新城総合公園を起点とした、バリエーション豊富なターマックコース(舗装路)を舞台に開催。プジョー 208R2でJN5クラスを戦う「ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム」の柳澤選手は初日を3番手で走り切り、2日目もミスなく走行。シーズン最終戦を3位表彰台で締めくくった。そして、前戦ラリーハイランドマスターズでJN5クラスドライバーチャンピオンを決めていた柳澤選手に続き、中原選手も30年ぶりとなる全日本選手権タイトルを獲得した。

ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム 柳澤宏至選手(左)/中原祥雅選手(右) ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム 中原祥雅選手(左)/柳澤宏至選手(右)