ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム

プジョー・シトロエン・ジャポンがサポートするプライベートチームが、10月15日から16日に岐阜県高山市で開催された全日本ラリー第8戦に参戦。プジョー『208 R2』の柳澤宏至選手がJN5クラス(2500cc超の2WD)で2位表彰台を獲得し、クラス王座に輝いた。

第8戦「第44回 M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ」は、飛騨高山エリアの山岳路を舞台に開催。プジョー 208 R2でJN5クラスを戦う「ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム」の柳澤選手は、初日を3番手で終え、2日目のSS10で抜群のスピードを披露して2番手に浮上。その後も危なげなく走り切り、2位表彰台を獲得した。

これにより、柳澤選手は最終戦を待たずにJN5クラスのチャンピオンを確定。プジョー車による全日本ラリー選手権制覇は初となる。

柳澤宏至選手(左)/中原祥雅選手(右) ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム 中原祥雅選手(左)/柳澤宏至選手(右)