トヨタカローラアクシオ HYBRID G《撮影 島崎七生人》

攻めに回った新しいマスク。ここ最近のトヨタ車のフェイスリフトモデルのなかでも、トガり過ぎず、しかし『カローラ』として十分に挑戦的なマスクは、なかなかクールな印象で悪くない。

内装もインパネ左右のエアコン吹き出し口が、内側で“5枚羽根”の開閉するデザインに一新、やや色味の濃いシート表皮(フラクセン)が新設定されるなどした。が、インパネ、ドアトリムなど面積の大きな樹脂部分の樹脂色、上質感はさらにこだわって欲しいとも思う。“カローラ”の名を絶やさないためにも、時代のニーズに応えて、本気の上質なコンパクトセダンであってほしい…というのが期待値。せっかくの本革ステアリングも、このクルマにはグリップがほんの少し太い。

全幅1695mmを堅持するコンパクトなボディは今や貴重で、手頃さ、実用性の高さ、運転のしやすさは文句なしだ。わずかにアップライトなポジションから、Aピラーの位置やノーズの感覚も無理なく掴める。サッと乗り込み、スッと走り出せる。最小回転半径4.9mの小ささも助かる。

試乗車は「ハイブリッドG」。ステアリングがわずかに軽い印象ももつが、モーター駆動からのエンジンの始動もかなりスムースで、ドライバビリティは上々だ。エコタイヤは乗り味と接地感に少しそれを意識させる。けれど街中と高速道路と山道少々とをサラッと走り(エアコン使用、必要な再加速なども実行)、最低限、写真に収めたような平均燃費はこなすようで、エコ性能は十分といえる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

トヨタカローラアクシオ HYBRID G《撮影 島崎七生人》 トヨタカローラアクシオ HYBRID G《撮影 島崎七生人》 トヨタカローラアクシオ HYBRID G《撮影 島崎七生人》 トヨタカローラアクシオ HYBRID G《撮影 島崎七生人》 トヨタカローラアクシオ HYBRID G《撮影 島崎七生人》 トヨタカローラアクシオ HYBRID G《撮影 島崎七生人》 トヨタカローラアクシオ HYBRID G《撮影 島崎七生人》 トヨタカローラアクシオ HYBRID G《撮影 島崎七生人》