茂木敏充経済産業相(11日・経産省)《撮影 中島みなみ》

茂木敏充経済産業相は11日、日本経済再生にむけた緊急経済対策の柱の1つとして、充電スタンド10万か所に新設することを明らかにした。2012年度補正予算で実現する。

「ガス欠ならぬ電欠なき日本を目指す」と、その意気込みを語った。

10万か所の中味は、約30分以内に容量の80パーセントの充電を完了する急速充電スタンドを3万5700基。約7時間以内に容量の100パーセントを充電する普通充電スタンド7万4000基を予定。急速充電スタンドは高速道路のサービスエリア、パーキングエリアに、普通充電スタンドは集合住宅をはじめとする月極駐車場などに設置する予定。

補助率は2分の1を予定するが、地方自治体の取り組み姿勢などによっては3分の2になる可能性もある。

完了時期について茂木氏は「できるだけ早く」と述べ、期日は設定しなかった。

この充電インフラの整備には、EVの電力切れを心配する購入予定者の懸念を払拭し、普及の足かせを取り除こうという狙いがある。また、充電スタンドは現在1400基あるが、これにより約200万基の設置目標の達成を加速させ、増加する石油の輸入に歯止めをかけたいという思いがある。

「EVスタンド10万か所に設置」…茂木経産相