ランドローバー・レンジローバー《撮影 内田俊一》

ジャガー・ランドローバー・ジャパンから発表された新型『レンジローバー』のデザインは、レンジローバーとしてのアイコン的デザインが数多く盛り込まれている。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンマーケティング・広報部ディレクターの作田昌子氏によると、「現代的な解釈で実現したモダンでシンプルな新型レンジローバーのエクステリアで、まず目に留まるのはフロントドア前部のちょうどフェンダーとの継ぎ目のところにあるグラフィックでしょう」という。「かつて、この部分には機能としてのサイドベントを設ける必要性がありましたが、この新型モデルではクラムシェルボンネットにその機能を移植することが出来たため、よりクリエイティブな自由度が増したのです」と話す。その結果、「単純にサイドベントを模倣してデザイン化するのではなく、サイドビュー全体のプロポーションにおいて、必要なリズムを与えるような役割を持たせるデザインとしました」

また、「サイドビューを走る3つの伝統的なラインである、ルーフライン、ウエストライン、アンダーラインは、独創性と安定性を生み出しています」。さらに、「レンジローバーのデザインDNAの、代表的なもののひとつにフローティングルーフがあり、これももちろん継承されています。そして、それを強調する2色のコントラストルーフがオプションで用意されてもいます」とした。

ランドローバー・レンジローバー《撮影 内田俊一》 ランドローバー・レンジローバー《撮影 内田俊一》 ランドローバー・レンジローバー《撮影 内田俊一》 ランドローバー・レンジローバー《撮影 内田俊一》 ランドローバー・レンジローバー《撮影 内田俊一》