ランドローバー・レンジローバー《撮影 内田俊一》

新型『レンジローバー』は、SUVでは世界初のオールアルミニウム製モノコックボディ構造を採用している。

軽量化に大きく寄与したこの構造は、また、エクステリアデザインにも影響を及ぼしている。ジャガー・ランドローバー・ジャパンマーケティング・広報部ディレクターの作田昌子氏は、「高級車でクラフトマンシップという言葉を使うのはインテリアであることが多いのですが、この新型レンジローバーではエクステリアにもそのスピリットが生きています」という。

「品質とは見たり触ったりして、確認が出来る有形のモノであり、ユーザーが初めて我々の製品を見たその瞬間に、最初に下す評価項目でもあります」と作田氏。「この新型レンジローバーが纏っているアルミニウムはスチールに比べると大変柔らかい素材のため、カッチリとした折り目を付けたり、きっちりとしたフィットアンドフィニッシュを実現するために、相応の労力を有しています」と話す。

具体的には、「このエクステリアの品質を完璧に仕上げるために要する時間は、人間一人が作業にあたるとすると、およそ4万時間にも及ぶのです」と語った。

ランドローバー・レンジローバー《撮影 内田俊一》 ランドローバー・レンジローバー《撮影 内田俊一》 ランドローバー・レンジローバー《撮影 内田俊一》 ランドローバー・レンジローバー《撮影 内田俊一》 ランドローバー・レンジローバー《撮影 内田俊一》