トヨタ86Q

東京オートサロン13の会場で目を引く「86Q」は、ミゼットをベースにFRP製のチョロQボディを換装したものだ。

そのため、車両重量はおよそ400キログラムと超軽量となっている。全福は1980ミリメートル、全長3400ミリメートル、そして全高は1800ミリメートル(1.8メートル)とハイルーフ車並みの高さだ。

タイヤサイズはフロントが、22インチホイールに265/30.リアが22インチホイールに305/40となっている。残念ながら保安部品などが装備されていないので(よくみるとヘッドライトはダミーだったりする)、ナンバーをとることはできない。ガソリンタンクは、20リットルの携行缶を利用したものになっている。ドアははずすことができるがヒンジなどがないので乗り降りが若干不便。内装らしきものがほとんどないので、エンジンやフレーム、駆動系などがむきだしのままだ。「

外観がチョロQ風ならば、プルバックで走行するようにできないかとブースのスタッフに聞いてみたが、「エンジンで動くのでバックはできますが…(トヨタ技術会 上田晃宏氏)」とのことだ。ミゼットを分解して86Qにするときに、エンジンなどもいったんおろすので、次は本当にプルバックで走行するモデルを実現してみてはどうだろうか。

トヨタ86Q トヨタ86Q トヨタ86Q