メルセデスベンツ E63 AMG 改良新型

メルセデスベンツの高性能車部門、AMGは1月10日、『Eクラス』の頂点に立つ『E63 AMG』の大幅改良モデルを発表した。実車は1月14日、米国で開幕するデトロイトモーターショー13で初公開される。

E63 AMGは、2012年12月に欧州で発表された『Eクラス』の大幅改良モデルがベース。この改良新型Eクラスは、フロントマスクを中心にイメージを一新したが、E63 AMGにも新しい表情が与えられた。

新しいE63 AMG は、5461ccのV型8気筒ツインターボエンジンを引き続き搭載。ただし、スペックは高められた。最大出力は557ps/5500rpm、最大トルクは73.4kgm/1750-5250rpm。従来よりも、パワーを33ps、トルクを2kgm引き上げている。0‐100km/h加速は4.2秒、最高速は250km/h(リミッター作動)。

また駆動方式には、従来のFRだけでなく、4WDの「4マチック」の最新世代版を用意。新しい4マチックは、7速デュアルクラッチトランスミッションの「7G-DCT」と一体設計され、リアアクスルにレイアウト。競合他社のシステムに対して、最大で25%軽量に仕上げた。メルセデスベンツによると、路面や走行条件に応じて、最適な駆動トルクを前後に配分することができるという。

この4マチック仕様のE63 AMGは、0‐100km/h加速は3.7秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の実力。FR車と比較して、0‐100km/h加速は0.5秒速い。トラクション性能の高さがうかがえる。

なお、新しいE63AMGには、引き続きセダンとステーションワゴンを設定。ステーションワゴンは、4マチックのみとなる。

メルセデスベンツ E63 AMG 改良新型 メルセデスベンツ E63 AMG 改良新型 メルセデスベンツ E63 AMG 改良新型 メルセデスベンツ E63 AMG 改良新型 メルセデスベンツ E63 AMG 改良新型 メルセデスベンツ E63 AMG 改良新型 メルセデスベンツ E63 AMG 改良新型