光岡 ビュート 20tj Anniversary 発表会≪撮影 小松哲也≫

光岡自動車の河村賢整副社長は1月10日、現在23都府県に33か所ある販売拠点を2013年中に40〜50か所にまで拡大する計画を明らかにした。空白となっている道県を中心に販売代理店を増やす。

河村副社長によると「これまで6大都市周辺に点在している直営店で主に販売してきたが、本社がある富山の直営店舗に新潟を始め石川、福井、長野、岐阜の各県からも買いに来られ、自分たちの県にひとつぐらいアフターサービスもできる販売代理店を置いてほしいという声がだんだん増えている」という。

このため「2012年12月に販売代理店の募集を行ったところ5〜6社の応募があった。今後も応募を受け付け、今年中に40〜50の販売店網を目指したい」と述べた。さらに「50店舗になれば、販売台数も現在の倍くらいに増やせる」との見通しも示した。

光岡の販売拠点のうち直営が9、代理店は24となっている。また主な空白地区は北海道のほか千葉、新潟、三重、長崎、鹿児島など。

光岡自動車・河村賢整副社長≪撮影 小松哲也≫ 光岡 ビュート 20tj Anniversary 発表会≪撮影 小松哲也≫ 光岡 ビュート 20tj Anniversary 発表会≪撮影 小松哲也≫