フォード・マスタングの2013年モデルに設定されるシェルビーGT500(参考画像)

米国のシェルビーアメリカン社は1月14日、米国で開幕するデトロイトモーターショー13において、2台のワールドプレミアを計画している。

すでに明らかになっているのは、フォード『マスタング』がベースの2013年型『スーパースネーク』を示唆したコンセプトカー。これは、2013年モデルにオプション設定する予定のワイドボディ仕様だ。

今回、シェルビーアメリカン社は、もう1台に関する情報を公表。これは2012年5月、89歳で死去したシェルビーアメリカン社代表、キャロル・シェルビー氏の遺作ともいえる1台である。

その詳細は、現時点では発表されていない。しかし、シェルビーアメリカン社のゲリー・パターソン副社長によると、生前のキャロル・シェルビー氏の言葉を反映させたモデルになるという。

気になるキャロル・シェルビー氏の発言は、「現在の自動車のトレンドは、ターボチャージャーで過給したダウンサイジングエンジン。これこそ、政府が求める燃費規制を満たす唯一の方法」というもの。

フォードモーターは、排気量を縮小しながらターボで過給した新世代エンジン、「エコブースト」を展開中。シェルビーアメリカンは、このエコブーストを積むマスタングをチューニングし、デトロイトモーターショー13で初公開するとの見方が有力だ。