ディーゼル微粒子捕集フィルタ関連技術 特許総合力トップ 5

パテント・リザルトは、ディーゼルエンジンの主要な排出ガス処理技術である微粒子捕集フィルタ(DPF)について、参入企業の競争力に関する調査を行った。

1993年から2012年11月末までに日本の特許庁で公開された関連特許9648件が調査の対象。個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を、現在と2006年末の2つの時点で実施し、特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」を集計した。

集計の結果、1位日本ガイシ、2位トヨタ自動車、3位イビデンとなった。また直近6年間の特許総合力ランキングの変化では、日本ガイシとイビデンの2社が総合力を大きく伸ばしている。

1位日本ガイシの注目度の高い特許には、良好な捕集効率に対して粒子堆積時の圧力損失が小さく、また精度よく粒子堆積量を推定可能なコージェライトを主成分とする「ハニカムフィルタ」が挙げられる。

2位トヨタ自動車の注目度の高い特許には、排気ガスとフィルタに捕集された煤を反応させて簡易にフィルタ再生させる「ディーゼル機関の排気浄化方法」などが挙げられる。

3位イビデンは、複数の貫通孔を長手方向に並べて互いに通気可能にした「セラミック構造体」などが挙げられる。

トヨタ・1.4リットル-ND系ディーゼルエンジン(参考画像)