マツダ CX-5

マツダが2012年2月16日に発売した、クロスオーバーSUV『マツダ CX-5』の累計販売台数が2012年12月までで3万5434台となり、2012年SUV国内販売台数第1位を獲得した。

このうち、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車の販売台数は約8割の2万6835台で、2011年国内クリーンディーゼル乗用車登録台数の約3倍に相当する。

CX-5は、初めて「SKYACTIV技術」をエンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーのすべてに採用し、上質で気持ちのよい走りと、優れた環境性能を両立。全機種がエコカー減税の対象となっている。

顧客層は30〜50代を中心に幅広く、「スタイリッシュな“魂動"デザイン」「長距離ドライブでも疲労やストレスを感じにくい操安性と乗り心地」「サイズの大きさを感じさせない運転のしやすさ」「エンジン、駆動方式の種類にかかわらず、全機種がエコカー減税対象となる基本性能の高さ」などが、評価されている。

マツダ CX-5《撮影 宮崎壮人》